ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

仕事始めによせて

芹澤です。

多くの方が今日から仕事始めではないでしょうか。きついっすね……私もつらいっす。

 

ふと、なにがこんなにつらいのか考えてみました。

・通勤距離が長い(車で片道40分)

・高級車に煽られる

・上司がいまいち

・友だちがいない

・お給料安い

・仕事が単調で達成感がない

・総じて人間関係が憂うつ

・年始式とかダルいわー

・頑張っても誰も褒めてくれない

最後の「褒めてくれない」は敢えて書きました。

最近になってようやく分かったのですか、なんか自分って「褒められたい」人間みたいです。

「おだてられたい」でも「持ち上げられたい」でも「尊敬されたい」でもなくて「褒められたい・感謝されたい」念が強い。

恐らく自己肯定感が低いからでしょう。

 

どなたかタイムカード前に「自動なでなで機」を置いてくれないですかね。

「よく出勤したね!えらい!」って褒められればそれだけでやる気になると思いますよ。ただしこれが生身の人間だとモラル的に問題があるのでNG。

 

話は戻りますが、例えば今の職場がイヤだとして勢いで辞めたところでどうなるでしょう。

例えば運良く受賞して小説家になれたとして編集さんや読者さんは私を「褒めてくれる」でしょうか…。

褒めてくれたとして私は素直に喜べるでしょうか…。

 

うーん、なんか面倒くさい奴だな自分。

 

もしも小説家になれたなら現在の職場は辞めようと思っていますが(精神的にきついので)今までやったことのない仕事も兼業でやってみたいですね。

そのためには頑張ってお金貯めよう。

なにするにしても先立つものはお金ですよ。うん。