とりあえず書いとく?

ワナビ10年目。崖っぷち。

明日は電撃の二次発表ですね

こんばんは。

電撃小説大賞に一次通過して浮かれていた芹澤です。

 

明日はいよいよ二次発表ですね。そわそわしますね。

私は2作応募&通過していましたが、正直どうなるか分かりません。

ここまできたら慌てても仕方ありません。なるようになります、たぶん。

 

今回投稿した2作品はともに現代シリアスものです。

 

ひとつはガチャでつながる危うい恋を描いた「ただのガチャだけど本気の恋だった。」

こちらはノベル大賞で三次通過し、しばらくの間カクヨムやエブリスタに載せていましたのでご覧になった方もいると思います(いまは非公開)。ネット掲載時に若干の改稿を加えています。

 

もうひとつは「キズハル~三年後に死ぬ私とアクアリウム教室」です。

昨年エブリスタで開催されていた氷室冴子青春文学賞のために執筆し、ダメだったものです。

こちらも現在は非公開なので読めませんが、簡単に言えば「いじめられていた主人公がタイムリープして青春をやり直す」お話です。

基になっているのは私の中学時代の体験です。

 

当時の辛い記憶と向き合いながらの執筆は精神的ダメージが大きかったですが、書き終えたあとは過去のことがそれほど気にならなくなりました。

書くこと・表現することってこんなにもスゴいことなんだ、と改めて実感した次第です。

自分なりにいじめの解決策を考えみようとか思っていたのですが、この本を読むにつけ、どうやってもなくせないものなのだと絶望したことを覚えています。

こちらの作品については以前のブログで思いの丈を綴ったものがありますので、よろしければご覧ください(非公開なのでブログ内のリンク先は見れません)。

 あとがきにかえて - ななころびわなび ~平凡な会社員がラノベ作家を目指すブログ~

 

 

ともあれ、できれば2作とも良い結果が残せるようにと祈りつつ、明日の発表を待ちます。またブログ更新します。

 

 

※   ※   ※   ※   ※

さて、最後に宣伝です。

現在、なろうカクヨムに同一作品を連載しております。ご存知、ぼっちと炎上モデルのラブコメです。

なろう → https://ncode.syosetu.com/n0468fr/

カクヨム → https://kakuyomu.jp/works/1177354054888429940

 

内容はまったく同じですがアピールポイントを変えており、それぞれの反応を興味深く観察しています。宜しければ覗いてみてください。

 

それでは。Bonne Chance!(幸運を祈る)