ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

ひとりで金沢を旅したっていいじゃないか②

前回のブログからの続きです。
 →→ひとりで金沢を旅したっていいじゃないか - ななころびわなびA

 

武家屋敷(香林坊)を離れたあと徒歩で尾山神社へ。こちらでは御朱印を頂きました。
信号機を見て気づいたのですが「びざん」じゃなくて「おやま」と読むそうです。
f:id:sw26rk:20190515225234j:plain


ちなみに表からだとこんなに特徴的な建物が!ハイカラ!
f:id:sw26rk:20190515225414j:plain

 


参拝後はバスで金沢駅へ戻り、明日のために「あるもの」を購入。
これはまた明日。


再びバスに乗り、定番のひがし茶屋街へ。

明るい内は観光客でごった返し大変な賑わいでしたが、18時を過ぎると……(シーン)。
f:id:sw26rk:20190515230809j:plain
f:id:sw26rk:20190515230934j:plain


お店はほぼ閉まっているし夕飯どうしようかな……と思ったのですが、実は明るい時間に目をつけていたお店があり、そこへ。
自由軒という名前です。
f:id:sw26rk:20190515231348j:plain


中の様子が見えないためいささか緊張して入りましたが、カウンターテーブルが10くらいと座敷が三席あり、食堂を思わせるアットホームな感じでした。

頂いたのは少しお高めのビフテキ丼。美味!!
f:id:sw26rk:20190515231642j:plain


私のあとに外国人観光客がどんどんやってきましたので早めに退散してホテルへ。

 


今宵の宿泊先はひがし茶屋近くのシェアホテルです。初めて。
www.thesharehotels.com


ドミトリーと言うんですか、二段ベッドで見知らぬ人々と同じ部屋。トイレ・洗面台・シャワー室は共有です。

新しくてキレイだし設備も一通り揃っているし朝ご飯込みで三千円未満という安さ。


ただし、めちゃくちゃ気を遣う!!


気にしなければ良いのでしょうが、ベッド内での荷物整理の音や咳のひとつにもドキドキしちゃって眠れない。
自分ってこんなに神経質だったのー!?と困惑しました。

 

正直言うと私にはちょっと合わなかったなぁ、と……。
(※あくまでも個人の感想なので、予算とか利便性とかを踏まえて判断してくださいね)


手持ちシャワーの使い方が分からず、髪を流すときは頭上の固定シャワーから「ショーシャンクの空に」並みにお湯を浴びてました(というか滝行)。息ができなかった……。

ショーシャンクの空に [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 

テレビ等もないため21時前にはベッドへ。足が重だるくてなかなか眠れませんでした。

なにはともあれ一日目は終了。

 

さて翌朝は6時に起床し……という所で③(ひとりで金沢を旅したっていいじゃないか③ - ななころびわなび)に続きます!(長くてすいませーん)