ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

ひとりで金沢を旅したっていいじゃないか

こんにちは、芹澤です。

連休中ちょこちょこと出勤していたため、ここにきてドッと疲れが出てきました。
仕事中パソコンと向き合いながら考えたのはこんなこと。


「旅にでたい……とにかく旅にでたい……誰にも気を遣わず自分を甘やかしてやりたい」


そんな衝動をこらえきれず「来週お休みもらいます!」と休暇願を叩きつけて出掛けたのは金沢。
前述のとおり誰にも気を遣いたくなかったので一人旅です。
そもそも出発前日に予定を決めた私に付き合ってくれるヒマな友人・家族。
いたらびっくりです。


新幹線で訪れたのはこれが二回目。
北陸新幹線開通前には何度か車で来たことがありますし、その昔、高校の部活の遠征中に兼六園内で早朝ランニングした記憶もあります。
イヤな思い出。


なにはともあれ金沢駅に到着。まずは腹ごなし。

「ラーメンが食べたい!」

と欲望のまま駅構内の8番ラーメンさんへ。美味。
f:id:sw26rk:20190515160351j:plain
ローカルフードなのかと思ったら長野県内にも出店していたんですね。
加賀市の国道8号線沿いにオープンしたのが最初なのだとか。深い。
 リンク>8番の歴史 | 野菜らーめんの8番らーめん




お腹もいっぱいになったところで駅構内で500円のフリー乗車券を購入。
f:id:sw26rk:20190515160742j:plain

こちら、北鉄のバスであれば基本的には乗り放題で、各観光施設で割引もされるお得な券です。
 リンク>金沢市内1日フリー乗車券|観光に便利なバス |北陸鉄道株式会社

ただし(ここ重要!)バスがものすごーくたくさん走っているので、フリー乗車券が使えるかちゃんと確認してから乗って下さいね。
(でないとちょっと恥ずかしいことになります)




私は7番乗り場の右回りルートバスに乗り21世紀美術館近くの石浦神社へ。
「お守りがちょー可愛いの」と友達に薦められていたのですが、絶妙な水玉がめちゃくちゃ可愛い!色も豊富で迷いますねー。
f:id:sw26rk:20190515161200j:plain


当日は大安だったこともあり、和装の花嫁さんをお見かけしました。綺麗でした。
奥には稲荷神社もあったので併せて参拝(以下の写真)。
境内はそれほど広くはありませんでしたが、良い雰囲気でした。
f:id:sw26rk:20190515161553j:plain




続いては徒歩で21世紀美術館へ。

前述のフリー乗車券を見せ千円で入場。B4より大きな荷物やペットボトルなどの飲料は全て預かるという徹底ぶりに少々ビックリ。
特に理由は言われませんでしたが展示物を守るためですよね、たぶん。


中は撮影オッケーだったので何枚かパシャリ。
今回は「大岩オスカール 光をめざす旅」という展示です。
f:id:sw26rk:20190515162044j:plain


なんだか不思議な仕事場?金魚?
f:id:sw26rk:20190515162154j:plain


タコ!!!
f:id:sw26rk:20190515162335j:plain


天国←→地獄の階段でしょうか
f:id:sw26rk:20190515162516j:plain


シシガミ様の森みたい
f:id:sw26rk:20190515162625j:plain




はい、続いては再びバスに乗り香林坊へ。
武家屋敷を見に行きました。
f:id:sw26rk:20190515162944j:plain


道中疲れたので甘味屋さんでアイスをぺろりと。
アズキとバニラのミックスです。金箔付きもあったのですがお安い方にしました(400円くらい違う)
f:id:sw26rk:20190515163212j:plain


野村家の庭園。
f:id:sw26rk:20190515163717j:plain

ザ!日本庭園という感じで、水音だけが聞こえます。靴を脱いで縁側でのんびりするのも良いですねー。
池には鯉も数匹いました。ただ一匹、石と石との絶妙な隙間に隠れていた子がいて「キミはどうやってそこから抜け出すの?」と心配になりましたが、あの子はどうなったんでしょう……


静けさを満喫して屋敷をでたところで30人ほどの団体客と入れ違いになりました。グッドタイミングです。



さて次は……というところで長くなってしまったので②に続きます!
(定番中の定番、兼六園には行かないの?→→今回は行ってません!)