ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

コミケ初参戦+烏森神社

Twitterで話題になる度に「いつか行ってみたいなぁ」と思っていたコミックマーケット(略してコミケ)に初参戦してきました。


12日の上りの高速バスは渋滞もなく順調、新宿で先にお昼を済ませてから新橋へ。
ゆりかもめに乗りいざ国際展示場正門へ。

もう駅を降りる前から人×人×人…。迷う心配は全くありません。
1時ですよ?始発ではないんですよ?

流れに乗っていざ入場。
コミケは無料なんですね。てっきりお金かかると思っていました(ゲームショウみたく)。
東ホールと西ホールがあるのですが、下調べ何もしていなかったので直感で東へ。
中に入ってからも結構歩くので「遠い、遠いよ…」と嘆きながら人ごみを掻き分けて行きました。
そしてようやく到着。ずらーっと机と人が並んでおります。
目的は見学(+気になるものがあれば買う)だったので、ぶらりと見て回りました。
それぞれのブースにきれいに並べてある冊子(?)はどれも熱がこもっていますね。私には真似できません…。

それにしても何という熱気でしょう。暑いんじゃなくて蒸すんです。
気温が高いんじゃなくて湿度が高い。
迷い込んでしまった少年向けR18の辺りなんて……まぁ、女としてはビミョーな気持ちになりますけどね。
需要と供給、なにより創作物を頒布するコミケに自ら足を踏み入れた私がそこに突っ込むのは野暮というものでしょう。
自分も少年向け小説を書く際に意識しているのは事実ですし。

気を取り直して、ハイ次!
東はざっくり見たので西へ行きたい…行きたい…のに、どこへどう行けばいいのかしら、と迷いました。
下調べしていないので当然ですね。
とりあえず(得意の)人ごみに乗って向かった先に西があるらしい。
結果的にはたどり着きましたが道のりが長い。
ゲームショウを引き合いに出すのも恐縮ですが、ルートは複数あるよりある程度限定されていたほうがいいんじゃないかなぁ、と。
西へ行くために入口付近のコスプレブースを通るときなんてカオスでしたよ。
東ホールへ、西ホールへ、コスプレブース、出口というようにルートが制限されていれば分かりやすいし混雑も少し解消されるように思いました(個人的の意見です)

さて西ホールも大体見て回ったので帰ろうか、と思っていましたがまだ何も頒布品をゲットしていません。
500円玉用意してきたんだから一つくらい、と思った私。
イベント情報が掲載されたディスプレイを目にし、見たつもりになっていた東ホールで見逃していたものがあることに気付いて戻りました。
そこではアクセサリーやオリキャラのグッズなどが売っていて「かわいー!」とトキめいてしまいました。なぜ真っ先にここに来なかったんだ私。
いろいろ迷ったのですが時間がなかったのでコチラを購入。フォロワーさんのアイコンになっていて常々可愛いと思っていたのです。


そして冊子類ではコチラを購入。キレイだったので。


これで最低限のミッションは完了。

さて帰るか…と向かったゆりかもめが地獄でした。
改札に向かう長蛇の列。戦利品を手にした方々のなんとも言えない熱気。
ようやく乗車できても満員電車でギチギチだし蒸し暑いし。つ、つらい。
でもこれも含めてきっとコミケなのでしょうね。うん。


せっかく新橋に来たのだから以前お詣りして雰囲気が良かった烏森神社に寄ることに。


静かで落ち着いた雰囲気、やっぱり好き。
お詣りしてから心願色みくじを引いてみました。
願い玉とおみくじ、そして願い札をもらいます。
私は大吉。書いてあることが今の自分にぴったり当てはまることでビックリしました。
願い札を書いてきつく結びつけたので頑張ります!


ちなみに帰りの山手線はリラックマとコラボした電車!
一本乗り過ごしていたので思わぬラッキーでした。