ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

戦歴と新年の抱負

明けましておめでとうございます。
ツイッターのほうでは「明けましておめでとうございます」と連呼していましたが、ブログでは初めてですね。
改めまして、芹沢祐です。本年もよろしくお願いいたします。

さて、昨日無事にコバルトノベル大賞への投稿が完了いたしました。
「月と皮」の改稿作を送ったのですが、改めて読み返すと「、」も多いし内容も支離滅裂で、文章もカタい。
よくこんな状態で日本ホラー小説大賞に送りつけたものだと驚愕しました。
過去作の欠点が分析できる、ということは多少なりとも自分が成長した証だとポジティブに受け止めたところです。
今日が「仏滅」なので、どうしても昨夜中に送りたかったのですが、O:OOに投稿完了したのでギリギリアウトかと。
六曜こだわりがあるわけではないのですが、ちょっと気になって…。

さて、ツイッターの診断メーカーで「リツイートされたら○○を晒す」というものがあり、投稿歴を確認したのですが、
いい機会でもあるので、これまでの戦歴をざっと列挙したいと思います。
(初期以外は一次通過以上のみを記載。投稿した年と発表の年がズレている可能性があります)


2001年 人生で初めて小説を書き、第1回ビーンズ小説大賞に応募(タイトル不明) → もちろん選外
2003年 コバルト短編新人賞に「真冬の蛍」を投稿 → 選外
 …ここからしばらくブランクあり…
2010年 コバルトロマン大賞 「選ばれなかった世界」 → 二次通過○
    コバルトノベル大賞 「弟の影を探しています。」 → 一次通過
2012年 コバルトノベル大賞 「まだぼくが人間だったころ」 → 一次通過
2013年 コバルト短編新人賞 「はるまち」 → 最終選考◎
2014年 コバルトロマン大賞 「黄泉国奇譚」 → 二次通過○
2015年 ジャンプ小説新人賞 「純黒のリゼリア~魔女ハ兄ヲ溺愛ス~」 → 一次通過


改めて列挙してみると「なんだかね」という感じです。
一次通過したものを偉そうに挙げていますが、撃沈した作品はこの倍以上あります。
特にコバルトは長年投稿していますが結果が出ないので、根本的にカテエラなのではないかと、近年では少年向けに移行している有り様。
云うまでもなく実力が足りないだけなのですが、あまりにも壊滅的なので、悲しくて…。

などと、落ち込んでばかりもいられません。
いまはGA、ジャンプ、ノベルにそれぞれ一作ずつ計三作応募済みです。
次は(いよいよ)電撃に応募しますので、これからじっくりアイデアを練っていきたいと思います。
今年こそはデビューするぞ!

末筆ですが、いつもご覧いただき本当にありがとうございます。
今年も一年、よろしくご愛顧くださいませ。
芹沢祐でした。