ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

長い長い一週間

三回目の新社会人としての長い長い一週間が終わりました。
やっっっと終わった。というのが正直な気持ち。
早起き、慣れない通勤路、知らない人たち、知らない客先。。。などなど、社会人なら誰しもが通る通過儀礼ですが、慣れないことばかりで体も心もクタクタ。
知らない人や知らない言葉ばかりで疎外感も半端なく、もうホント、これから大丈夫かなぁと心配です。
しかしそんな中でも、帰りがけにわざわざ立ち止まって「お疲れさまでした」と言ってくれた人がいたので、もうちょっと頑張れるかも、というところ。
その人の名前がまだ分からないのが残念ですが(;´Д`)

話はぐるっと変わり。
先日ツイートしましたが、ジャンプ小説新人賞15springの一次通過が発表になりました。
自作「純黒のリゼリア~魔女ハ兄ヲ溺愛ス~」。お陰様で一次通過しておりました。(黒坂つばき名義)
22日にホームページで発表されたようですが、お気に入り登録してあったページではずっと「一次選考中」になっていたため気付くのが遅くなりました。
ともあれ、良かったです。

一次通過したくらいで喜んで。。。と思うかもしれませんが、ジャンプ新人賞はもとより、少年向けのレーベルへの投稿って初めてなんです!
制作裏話みたいなものは結果が出てから改めてお話ししますが、そりゃもう大変で。
基本設定を5つくらい考えて、そのうちのいくつかをプロット考えて、実際2本を執筆して。
「これでいいのかな、大丈夫かな、わかんない~」そんな心配ばかりしてました。
ようやく形になった今作も、最終推敲中にまさかの文字数の設定誤りに気づき大パニック。
なんとか、なんとか規定内に収まって郵便局に持参したら(目の前で消印押してほしかった)、局員さん新人だったらしくたどたどしくて更に不安。
とりあえず、間違いなく4/30の消印が押されたことを確認したので投稿完了。
長々と書いてしまいましたが、とにかく不安と心配いっぱいで送り出した作品だったのです。
どうか良い結果になりますように(≧Д≦)

あ、どうでもいいことですが、明日は私の生きがいである「八犬伝」の発売日なのです!
本屋に走るっきゃないのです!