ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

とにかく寒いです

氷点下の日々が続いております。
冷え性の私にはこたえる寒さ!!
すぐにでも春になって欲しい。


さて、小説についてですが、先に、電撃向けのプロットを書いているとお話しました。
「書道」をテーマにした青春小説になるのですが、
タイトルを考えていて、なぜかふと、「とめはね」という言葉が浮かんできました。

……あれ、どこかで聞いたことがある気がする。

なんだっけ、と早速調べましたら、「とめはねっ!鈴里高校書道部」というタイトルのマンガでした。
もちろん書道をテーマにしたもので、まだ連載は続いています。
いや~気づいてよかった、というか、勉強不足でお恥ずかしい限りです。

恐縮ながら、マンガ自体を読んだことがないので、登場人物のキャラやストーリー展開はまったく違っていますが、
「書道」というと、自ずと世界観や見せ場は絞られてきてしまいます。
自分が書こうとしているものと似たような作品があることを知ってるのと知らないのとでは、たぶん雲泥の差。
万が一にもタイトルがかぶっていたら、それこそ出版側としては「勉強不足」の烙印を押しそう。

皆さんも投稿する際、似たような作品が過去に出版されているかどうか調べているのでしょうか。
むろん、そんな心配する必要がないくらい、独創性にあふれた作品が創れればイチバンですが。

一応わたしは、タイトルがかぶっていないかどうか確認して毎回投稿しています。
メジャータイトルとかぶっていて、「知りませんでした」では、さすがに呆れられそうなので。
こういうとき、ネットは便利ですね。