ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

今年のおさらい

雪がドドッと降りました。三センチくらいですかね。
朝起きたら、木の枝や道路や屋根が白くなっていて、いよいよ冬がきたか、と実感しました。

早いもので、もう今年も終わるんですよね。
クリスマスを飛び越えて、もうすでに大掃除終わったくらいの気持ちでおります。
まだ年賀状作っていないので、今日、作ってしまおうと思います。

年内はもう執筆はしないので、今年の結果をおさらいしようかと思います。
コバルト・ロマン大賞「黄泉国奇譚」 二次通過
コバルト・短編賞「十月十日の恋」 選外
コバルト・ノベル大賞「白雪姫の心臓」 選外
日本ホラー小説大賞「月と皮」 審査中

いや~。我ながらコバルトばっかりですね。
そういえば、ノベル大賞の選評がまだ届いていないのですが…。
前回のロマン大賞は、雑誌発売から一週間足らずで届いたというのに。
もしや、一次落ちは今回から出ない、のか!?(電撃みたく)
まぁ、一次落ちの心当たりはあるのですが、目から鱗ということもあるかもしれないので。

来年は、コバルトからはすこし離れ、いろんな分野・レーベルに挑戦していく予定です。
ホラー、ミステリー、青春もの、などなど。
ただ、これまで手を出したことがない分野があるんです。
ずばり、平安、明治、大正などの「時代物」。
調べることがいっぱいあるからか、なんでか、敬遠してしまいます。
いつかはチャレンジ・・・してみる、か?

そういえば昨日、図書館で「羅生門」を借りてきました。
教科書にあったもので、もちろんおおよその内容は知っているのですが、
改めて読み直してみると、まぁ、なんと細かい描写。情景がリアルに浮かんできます。
描写不足が最近の課題なので、じっくり読み込んで、これからの執筆に生かしていこうと思います。