ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

また、同じ

というわけで、胃カメラを飲んでまいりました。
麻酔が切れたのか、いまはお腹あたりがキリキリしています。

四年前に一度飲んでいるから、気持ちの上では余裕、のつもりだったのですが、
今回のほうが辛かったかも。
胃カメラ入れられながら、何度か吐き気がしました。キツかったー。
涙も唾液も出っ放しで、「早く終わってくれー」と心の中で念じました。

胃の中に斑点みたいなものがいくつか見えて、「あれはナニ、これはナニ」とドキドキしていましたが、
先生からは「異常なし」と言われてしまいました。
またこのパターンなの~~~!?
頑張ったのに、頑張ったのに。
もちろん何もないに越したことはないんですけどね、頑張って胃カメラ飲んだんだから、
胃炎とか潰瘍がひとつくらいあってもいいのに、とガッカリしてしまったのです。

結局、ストレスによって胃のぜん動運動が弱くなるでは、ということで、薬をもらって終了。
前回の四年前と同じ結果になりました。
いえ、いいんですけどね。

それにしても、夜も眠れないくらい胃がキリキリした日もあったというのに、
何も異常がないって、どれだけタフなんだ。
でもホントに毎日がストレスなんですよね。
贅沢かもしれないけど「仕事がないことによるストレス」なのです。

忙しすぎてストレス感じる人も多いのに、なんで私は暇すぎてストレスなんでしょうね。
ただ机に座っているしかないのが、ホントに苦痛で苦痛で仕方ない。
ネットサイト見て遊んでいられるわけじゃないし、寝ていいわけじゃないし、
とにかく席にいて、仕事している「振り」をするしかない。
給料もらうだけの仕事なんてしてないし、正規社員じゃなくていいから3時頃に帰らせて、そんな気持ちになる。
贅沢でワガママな気持ちなんでしょうけどね。

半年前は、忙しすぎて仕方がなかった自分。
いまの私は、その頃の自分とはまるで真逆の立場にいて、なんか笑える。
涙出てくる。