ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

夏休みもあと2日

どしゃ降りの雨が降ってきました。すごい勢いです。
最近のお天気、なんだかおかしいですよね。
「異常気象」と騒いでいる割には、案外、これが「普通」になってきていますね。

さて、夏休みも残すところ2日。
きょうは大人しく家で小説を書いています。
「なろう」の更新も順次しておりますが、どんどん暗い方向に話が進んでいるので、
読み手の人は飽きちゃうんじゃないか、と心配しています。
とはいえ、この作品をロマン大賞に投稿したんですもんね。
その事実は変えられないから、仕方ない。

小説とは打って変わって、あべ美幸先生の「SUPER LOVERS」の最新刊の感想を書いていなかったので、
今更ながら、書きたいと思います。
購入したのは8月1日。雑誌コバルトと一緒にお買い上げしました。

相変わらず美しい絵が並んでいるのですが、全体的な感想としては、「うーん」というところ。
大事な場面をすっぱ抜く傾向がありますよね。
前巻でお墓参りに行く、というくだりがあったので、今回は当然そのシーンが入ってくるのかと思ったら、まさかの省略。
「えぇっ」と前のめりになってしまいました。
お墓の前で手を合わせながらの、言葉や心のやりとり、当然あると思うんですけど。
そこを抜いてしまっていいの…?
先生お考えが分からない。

夏生と篁先生の話は、結構好きですよ。
本筋と違うので、不満を抱いている方もいるかもしれませんが。
双子の小さい頃がとにかく可愛かった。顔は同じでも眉毛の角度でどちらか分かる、というのが面白い。
アキはともかくとして、シマくんも昔はお兄ちゃん子だったのね。(にやにや)

今月末には雑誌「エメラルド」が発売になりますので、
それだけを生き甲斐に、頑張っていきたいと思います。