ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

燃え尽きました

どんな形の作品であれ、投稿か完了すると、燃え尽き症候群に陥ります。
しばらく心の中は空っぽ。。。
というのも、締め切り直前は台風や雷雨のような荒々しい感情にさらされるからです。

「うわーここ直してない、ここも直してない、ああっここも」
「ヤバイッ間に合わない!」
「ムリだ、もう諦めようかな」
「もう二度と投稿なんかするもんかー!!」
「こんちくしょー」

という、たぶん、わかる人にはわかるハズの感情の嵐。
すべてが終わり、ふと目の前を見ると、様々な残骸が散らかっている。
呆然とそれらを眺め、ひとり、ため息。
「どうすんの、これ」

というわけで、図書館で六冊ほど本を借りてきました。
もちろん、「書き方」の本がメインです。
そういうものを読んでいると、空っぽになっていた心の中に、ドロドロと湧き出してくるものが。
なんだ、これ。なんて感情だ?

たぶん、「欲」です。
書きたい、という欲。
負けたくない、という欲。
認められたい、という欲。

あーダメだ。やっぱ書きたいー。