ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

早起きしたけど、やることなかった・・・

犬の鳴き声につつかれ、休日にしては随分早起きしたのですが、「掃除」「洗濯」以外、特にやることがなかった。
こういう時間を何に使えばいいんだろう(そろそろお腹すいてきた)。

子どもがいれば、きっと、一時間も一日もあっという間に過ぎていくんでしょうね。
その分、自分のための時間って作りづらくなるんだろうな。
もしそんな時がきたら、私、小説書けないと思います。
なんせ時間をうまく使うことができない人間なので。一度にいろんなことを考えると、頭が痛くなってくるのですよ。

などと、妄想・想像・言い訳はここまでにして。
えーと、なかなか小説のほうに着手できていません。
上述の一度にいろんなこと考えると…ではないけど、いろんなアイデア、あふれすぎて、頭のダムが決壊中。

アイデアは浮かんでも、なにひとつ、まとまりません。
以下、この一週間でぐたぐたと考えたこと(あくまでも思いついただけの話なので、細部は気になさらないで)。
・犬の生まれ変わりとか、人間が犬に生まれ変わるとか、面白そうだな~
・辞書を武器に闘うとかどうかな~
・「弓道」はかっこいいけど、闘いものには向いてないな~(「よっしゃ」とか騒いでたら武道の精神を汚してしまう)
・文藝賞用に書いた小説の最終章だけ直したい
・選択小説もやらなくちゃ

という感じです。つまり、優柔不断。
「どっちつかず」というより「どれもこれも手付かず」。集中力が足りません。

とりあえず、ノベル大賞と文藝賞の結果を待ちますか。
気持ちが動けば、自然と物語も出てくるし。
二次通過までいけたら、テンションもぐぐっと上がるのですが、さて、どうなることやら。

さて、お昼お昼。