ななころびわなびA

本気でラノベ作家になりたいんです!

雪の成人の日

不思議なものですね。成人の日はいつも雪が降るんですよね。
思い返すこと数年前(まだ二桁はいかない)…私の成人式も雪でした。
そこで着た振り袖を、先日の結婚式でも着たわけです。
次に着るときには色留め(既婚者)になっていたいけど。

さてさて、ロマン大賞は応募を見送り、
引き続き文藝賞向けに小説書いているわけですが…、
応募作品に求められる「衝撃的な作品」って何ぞや、と思案中です(?_?)

衝撃的=見たことがないような作品。
日本神話のイザナギ、イザナミが出てくる時点でアウト?
いやでも、書く前から諦めたら面白いかどうかも分からないじゃないか、ということで、
とりあえず終わりまで書いてみます。それから考えます。

そうそう、昨日新聞にこんな言葉が載ってました。
大槻ケンヂさんの著者からの抜粋だそうですが、

自己表現(小説家とか、ミュージシャンとか)で生活していくために必要なものは

「才能・運・継続」
「人前で赤恥をかく覚悟」

だそうです。